相続、国際業務、帰化申請なら愛知県名古屋市天白区のひろみ行政書士事務所にお任せください。


相続人になれる人と財産の分け方

相続人になれる人と財産の分け方

相続財産をどれくらいもらえるのか分からず、財産分与の話がまとまらないというケースも多いのではないでしょうか。
相続人が複数いる場合や、遺言書がない場合は、法定相続分等を知らなければトラブルに繋がります。
相続人になれる人、法定相続の順位とその割合についてご説明します。

遺言書は法定相続に優先する

相続財産を受け継ぐ方法には、「法定相続による承継」と「遺言による承継」の2通りあります。前者は、法律で定めた法定相続のルールに従って、財産を受け継ぐ側の合意により遺産の分け方を決めるものです。後者は、財産を遺す側の意思により承継内容を決めることができます。法律で最優先されるのは、被相続人の遺言です。遺言書がない場合に初めて、法定相続を基準に財産を分けることになります。

誰が相続人になれるのか

遺言書がある場合は、法定相続のルールに関係なく財産を分けることが可能です(ただし遺留分に注意)。
例えば、長年連れ添った配偶者に配慮した遺産分け等をすることができます。また、相続人以外の人や法人に財産を分けることも可能です。介護を行ってくれた子のお嫁さんや、お世話になった知人を相続人に指定したり、社会貢献として母校に財産分けしたりできるのです。

遺言書がない場合、財産は「法定相続人」が引き継ぐことになります。法定相続人となるのは、被相続人の配偶者、子、父母・祖父母などの直系尊属、兄弟姉妹です。もちろん相続人以外の人が財産を受け継ぐ権利はありまぜん。

法定相続の順位と割合

遺言書がない場合は、法定相続の順位で遺産分割を行います。被相続人の配偶者は常に相続人です。それ以外の相続人は、第1順位が子、第2順位が直系尊属、第3順位が兄弟姉妹となります。法定相続割合は以下の通りです。

配偶者と子が相続人の場合

配偶者が全財産の2分の1、子が2分の1を相続します。子が複数いるときは、遺産の2分の1を人数分で分けます。

配偶者と直系尊属が相続人の場合

配偶者が全遺産の3分の2を、残りの3分の1を直系尊属が相続します。配偶者がいない場合は、直系尊属が全財産を相続します。

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

配偶者が全遺産の4分の3を、残りの4分の1を兄弟姉妹が相続します。
なお、具体的にどの財産を相続するのかについては、遺産分割協議によって決めることになります。

遺言書の作成依頼なら三重県津市のひろみ行政書士事務所へ

三重県津市にある当事務所では、相続に関する手続きをトータルにサポートします。遺言書の作成指導から相続人調査、遺言執行手続きまで、経験豊富な行政書士にご依頼下さい。生前贈与対策にも力を入れておりますので、何でもご相談いただければと思います。

ひろみ行政書士事務所 / 三重県津市の行政書士 概要

事務所名 ひろみ行政書士事務所
所在地 〒514-0062 三重県津市観音寺町673-18
電話番号 059-202-5188
FAX 059-202-5188
メールアドレス hirochan-s@hotmail.co.jp
URL http://www.hiromi-office.biz/
業務内容 相続手続 (遺産分割協議書・遺言作成及び執行など)

成年(未成年)後見

国際業務 (帰化申請・在留資格期間変更など)
自動車関連 (自動車登録申請・自動車保管場所証明など)
説明 三重県津市で行政書士をお探しなら『ひろみ行政書士事務所』へご相談ください。相続やビザ取得・在留資格取得・帰化申請などの国際業務をはじめ、様々なお困りごとのサポートをいたします。

コンテンツ

相続において大変なこと相続人になれる人と財産の分け方外国人在留資格の拡大起業するなら経営・管理ビザ取得
相続人が引き継ぐ財産とは相続トラブルが起きやすい事例自筆証書遺言と公正証書遺言の比較帰化と永住権の違い
ビザ申請が許可されない理由遺言書で間違いやすい箇所

PAGE TOP