相続、国際業務、帰化申請なら愛知県名古屋市天白区のひろみ行政書士事務所にお任せください。


相続人が引き継ぐ財産とは

相続人が引き継ぐ財産とは

相続というと、預金や不動産などプラスの財産に目が行きがちですが、相続人が引き継ぐ財産はそれだけではありません。

借金やローンなど、マイナスの財産も引き継ぐことになるのです。遺産の全容を把握するためにも、行政書士相談されることをおすすめします。

マイナスの財産はしっかり調査を

相続といえば、預金や土地などの資産を相続するものと思われがちですが、実際はプラスの財産だけを引き継ぐわけではありません。相続が開始されると、「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」ことになります(民法896条)。

つまり被相続人の資産だけでなく、住宅ローンの返済義務や未納の税金など、負債もすべて受け継ぐことになるのです。法律上、プラスの財産のみを相続することはできません。したがって相続の際は、行政書士のサポートを受けるなどして財産の内容をできるだけ正確に把握し、負債の有無をしっかりと調べる必要があります。

相続人に認められる3つの選択肢

相続人に認められる3つの選択肢

財産調査の結果、マイナスの財産が多いのであれば、無理に相続する必要はありません。相続人には、次のように3つの選択肢が認められています。

プラスの財産のほうが多い→単純承認

マイナスの財産がない、あるいはプラスの財産のほうが多い場合は、単純承認が適切でしょう。特別な手続きをしない限り、相続では単純承認と見なされます。

マイナスの財産のほうが多い→相続放棄

マイナスの財産しかない、あるいはマイナスの財産のほうが多い場合は、相続放棄の手続きをすれば債務を支払う必要はなくなります。プラスの財産は相続できません。相続人それぞれが、単独で相続放棄を選択することも可能です。

どちらが多いのか分からない→限定承認

相続時点では、借金の有無や金額を把握できない場合があります。限定承認では、例えば500万円の財産を相続し、後に700万円の借金が判明した場合、相続した500万円を返済すれば残りの200万円の返済義務がなくなります。税務上不利になる可能性もあるため、プロに相談し慎重に検討することが重要です。

相続放棄・限定承認のいずれかを選択するには、相続人になったことを知ってから3ヶ月以内に、家庭裁判所で手続きを行わなければなりません。かなりの月日が経って借金が判明した場合、相続放棄ができなくなりますので注意が必要です。

三重県津市で行政書士をお探しならひろみ行政書士事務所へご相談ください

三重県津市で相続に強い行政書士をお探しなら、当事務所にご依頼下さい。相続人・相続財産の調査はもちろん、相続に関するすべての手続きを代行することも可能です。三重県津市周辺エリアで、相続・遺言に関する出張相談を承っております。

ひろみ行政書士事務所 / 三重県津市の行政書士 概要

事務所名 ひろみ行政書士事務所
所在地 〒514-0062 三重県津市観音寺町673-18
電話番号 059-202-5188
FAX 059-202-5188
メールアドレス hirochan-s@hotmail.co.jp
URL http://www.hiromi-office.biz/
業務内容 相続手続 (遺産分割協議書・遺言作成及び執行など)

成年(未成年)後見

国際業務 (帰化申請・在留資格期間変更など)
自動車関連 (自動車登録申請・自動車保管場所証明など)
説明 三重県津市で行政書士をお探しなら『ひろみ行政書士事務所』へご相談ください。相続やビザ取得・在留資格取得・帰化申請などの国際業務をはじめ、様々なお困りごとのサポートをいたします。

コンテンツ

相続において大変なこと相続人になれる人と財産の分け方外国人在留資格の拡大起業するなら経営・管理ビザ取得
相続人が引き継ぐ財産とは相続トラブルが起きやすい事例自筆証書遺言と公正証書遺言の比較帰化と永住権の違い
ビザ申請が許可されない理由遺言書で間違いやすい箇所

PAGE TOP