相続、国際業務、帰化申請なら愛知県名古屋市天白区のひろみ行政書士事務所にお任せください。


相続トラブルが起きやすい事例

相続トラブルは、遺産の多い少ないに関わらず発生します。その中でも、特に相続問題でもめやすい3つのパターンをご紹介します。ここで紹介するものに当てはまる場合は、お早めに行政書士までご相談下さい。

財産のほとんどが不動産である

財産のほとんどが不動産である

相続財産が自宅や土地など現金以外のものに偏っている場合、相続人同士で非常にもめやすくなります。特に不動産は分割しづらい財産であり、複数の相続人で均等に分けるのは難しいのです。

多額の預金はなくても一戸建てを所有している人は多く、ひとつしかない不動産の処理は大きなトラブルになります。
相続人が誰も同居していない場合は、売却して現金で分けることも考えられますが、同居していた相続人がいると話し合いがまとまらない可能性があります。

相続人の1人が被相続人を介護している

相続人のうち特定の1人が同居して被相続人の介護をしているというケースは、特に相続問題が起こりやすいといえます。介護を担っている側の心情としては、他の相続人よりも多くの財産を受け取りたいとの思いが働くものです。その一方で、介護をしていない相続人からすれば「遠方に住んでいて介護できなかった」などの主張があります。遺言書ではっきりとした指示がなく、他の相続人が了承しなければ、深刻な相続トラブルに発展しがちです。

自筆で遺言書を作成している

自筆で遺言書を作成している

遺言書・エンディングノートの有効性や内容についてのトラブルも後を絶ちません。
例えば「介護施設でお世話になったAさんに遺産を分けたい」など、身内以外の人へ贈与を指示している場合があります。思わぬところから遺産分割を求められ、親族としては納得がいかず、トラブルが起こることも珍しくありません。

被相続人の意思を反映させるはずの遺言が、逆にトラブルを引き起こす事例は意外と多いのです。自筆の遺言書を書く際は、特に注意が必要です。

このような相続トラブルを避けるためには、早い段階で専門家のアドバイスを受けることが望ましいといえます。円満に相続を終えることができるよう、生前から十分な準備を行いましょう。

三重県津市で相続に関するサポートはひろみ行政書士事務所へご相談ください

当事務所では、三重県津市で相続・遺言に関するご相談をお受けしております。もめないための相続対策として、公正証書遺言作成や生前贈与など、行政書士が徹底的にサポートいたします。三重県津市を中心に、良心的な費用で出張相談にも対応します。

ひろみ行政書士事務所 / 三重県津市の行政書士 概要

事務所名 ひろみ行政書士事務所
所在地 〒514-0062 三重県津市観音寺町673-18
電話番号 059-202-5188
FAX 059-202-5188
メールアドレス hirochan-s@hotmail.co.jp
URL http://www.hiromi-office.biz/
業務内容 相続手続 (遺産分割協議書・遺言作成及び執行など)

成年(未成年)後見

国際業務 (帰化申請・在留資格期間変更など)
自動車関連 (自動車登録申請・自動車保管場所証明など)
説明 三重県津市で行政書士をお探しなら『ひろみ行政書士事務所』へご相談ください。相続やビザ取得・在留資格取得・帰化申請などの国際業務をはじめ、様々なお困りごとのサポートをいたします。

コンテンツ

相続において大変なこと相続人になれる人と財産の分け方外国人在留資格の拡大起業するなら経営・管理ビザ取得
相続人が引き継ぐ財産とは相続トラブルが起きやすい事例自筆証書遺言と公正証書遺言の比較帰化と永住権の違い
ビザ申請が許可されない理由遺言書で間違いやすい箇所

PAGE TOP