相続、国際業務、帰化申請なら愛知県名古屋市天白区のひろみ行政書士事務所にお任せください。


自筆証書遺言と公正証書遺言の比較

遺産相続によるトラブルを防止する目的で、生前遺言書作成する方は多くいらっしゃいます。遺言書は通常のものであれば「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つに分けることができ、それぞれ特徴があります。
ここでは、一般的に選ばれやすい傾向にある「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」について比較してみたいと思います。

自筆証書遺言

自筆証書遺言

自筆証書遺言とは、その名の通り本人が自分で書く遺言書のことです。費用がかからず手軽に書けるということで、自筆証書遺言は選ばれやすい傾向にあります。

しかし、一定の要件を満たさなければ無効とされるため、作成時は注意しなければなりません。また、自筆証書遺言は「遺言内容が遺言者本人の意思に基づいていること」を明らかにする必要があります。

そのため、ワープロで作成した遺言書は自筆には該当せず、自筆遺言証書としての効力が認められません。なお、自筆証書遺言は家庭裁判所の検認が必要であるため、遺言書を発見した相続人は、「未開封のまま」家庭裁判所で手続きを済ませる必要があります。

もし、これを開封した場合、その相続人は相続人としての権利を失うおそれがあります。自筆証書遺言は費用をかけず手軽に書けるのが強みですが、それと同時に様々なリスクを抱えているのです。

公正証書遺言

公正証書遺言

公正証書遺言とは、公証役場にて、公証人立会いのもと作成する遺言書です。
専門家が立会って作成するため、形式の不備によって無効となることがありません。また、作成した遺言書の原本は公証役場にて厳重に保管されるため、偽造や改ざん、紛失といったリスクを未然に防ぐことができます。なお、公正証書遺言は公証人に遺言の内容を伝えることで作成できるため、お体が不自由な方でも気兼ねなく遺言書の作成ができます。

自筆証書遺言に比べると費用がかかるのが難点といえますが、遺言の効力を確実なものとするためにも、公正証書遺言の作成をおすすめします。

遺言書の作成相談やお手続きのことは三重県津市のひろみ行政書士事務所へ

三重県津市にある当事務所では、遺言書の起案や作成指導、自筆証書遺言作成・公正証書遺言作成のご依頼を承っております。遺言や相続について専門家に相談したい、より確実な遺言書を作成したいという方は、お気軽にご相談下さい。

ひろみ行政書士事務所 / 三重県津市の行政書士 概要

事務所名 ひろみ行政書士事務所
所在地 〒514-0062 三重県津市観音寺町673-18
電話番号 059-202-5188
FAX 059-202-5188
メールアドレス hirochan-s@hotmail.co.jp
URL http://www.hiromi-office.biz/
業務内容 相続手続 (遺産分割協議書・遺言作成及び執行など)

成年(未成年)後見

国際業務 (帰化申請・在留資格期間変更など)
自動車関連 (自動車登録申請・自動車保管場所証明など)
説明 三重県津市で行政書士をお探しなら『ひろみ行政書士事務所』へご相談ください。相続やビザ取得・在留資格取得・帰化申請などの国際業務をはじめ、様々なお困りごとのサポートをいたします。

コンテンツ

相続において大変なこと相続人になれる人と財産の分け方外国人在留資格の拡大起業するなら経営・管理ビザ取得
相続人が引き継ぐ財産とは相続トラブルが起きやすい事例自筆証書遺言と公正証書遺言の比較帰化と永住権の違い
ビザ申請が許可されない理由遺言書で間違いやすい箇所

PAGE TOP