相続、国際業務、帰化申請なら愛知県名古屋市天白区のひろみ行政書士事務所にお任せください。


ビザ申請が許可されない理由

ビザ申請が許可されない理由

永住権などのビザ取得のためには様々な要件を満たす必要がありますが、全ての要件を満たしているからといって必ずしも取得できるわけではありません。

不許可となった場合は必ず何かしらの理由がございますので、問題点を是正した上で再度申請する必要があります。
一般的に、不許可となる理由としては以下の通りです。

内容不備によるもの

許可申請を行う際は様々な書類を提出しますが、その書類の中に不備があった場合、不許可となることがあります。書類を提出する際は、内容に不備がないか、必要な書類は足りているか、追加提出書類を求められた場合、求められた書類を準備できたかなど、常に確認を怠ることなく準備して下さい。内容不備については、大半が細心の注意をはらうことで対処することができます。

立証不足によるもの

ビザを取得する際には、その要件を満たしていることを証明するために様々な書類を提出しますが、場合によっては書類不足等により立証が足りず、不許可になることがあります。例えば、結婚ビザ(「日本人の配偶者等」という在留資格)を取得する際は、「偽造婚ではないこと」を証明しなければなりませんが、立証できる書類が不足することにより、それが証明できなかった場合は不許可となります。

要件を満たしていない

要件を満たしていない

どのビザにも必ず一定の要件が定められており、当然ながら、ビザ取得のためにはこれらの要件を満たさなければなりません。

例えば、永住ビザには「原則として引き続き10年以上日本に在留していること(日本人の配偶者等の例外あり)」という要件がありますが、この要件は「留学」で10年以上在留していても、永住権の要件を満たしていることになりません。この場合は、就労ビザでの5年以上の在留が必要となります。

ビザ申請は自分で行うことができますが、ビザについてよく分からないという方や、迅速に手続きを済ませたい方、不許可になってしまった理由が分からない方は、是非専門家へご相談下さい。

当事務所では、三重県津市にてビザ取得に関するご依頼・ご相談を承っております。「不安を安心に」をモットーに、ビザ取得をお考えの方や不許可になってしまった方のサポートをいたしますので、是非ご相談下さい。なお、サービスや費用に関する疑問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

ひろみ行政書士事務所 / 三重県津市の行政書士 概要

事務所名 ひろみ行政書士事務所
所在地 〒514-0062 三重県津市観音寺町678-18
電話番号 059-202-5188
FAX 059-202-5188
メールアドレス hirochan-s@hotmail.co.jp
URL http://www.hiromi-office.biz/
業務内容 相続手続 (遺産分割協議書・遺言作成及び執行など)

成年(未成年)後見

国際業務 (帰化申請・在留資格期間変更など)
自動車関連 (自動車登録申請・自動車保管場所証明など)
説明 三重県津市で行政書士をお探しなら『ひろみ行政書士事務所』へご相談ください。相続やビザ取得・在留資格取得・帰化申請などの国際業務をはじめ、様々なお困りごとのサポートをいたします。

コンテンツ

相続において大変なこと相続人になれる人と財産の分け方外国人在留資格の拡大起業するなら経営・管理ビザ取得
相続人が引き継ぐ財産とは相続トラブルが起きやすい事例自筆証書遺言と公正証書遺言の比較帰化と永住権の違い
ビザ申請が許可されない理由遺言書で間違いやすい箇所

PAGE TOP